2006年06月24日

天体観望会『木星』

今日は木星の観望会です。

実は私、前日まで高校の修学旅行で北海道に行っていました。残念ながら曇り続きの為、星は見ることができませんでしたが。

それはさておき、今日の観望会。
4階で望遠鏡をセッティングしている時に撮っていただいた写真が、とほり天文台のブログに載っています。

空は微妙な晴れ具合。でも観望対象が木星なので、なんとかなるでしょう。

セッティングが終わったところで、皆さんが上がってこられました。
意外に今日は、人が多い。

今日観望した星は、木星と、アークトゥルス(お客のリクエスト)。あと、おまけでみずがめ座の恒星。

どうしてみずがめ座の恒星かといいますと、木星を入れたとき、なんと衛星らしきものが5つも見えたんです。
現在木星には63個の衛星が確認されていますが、明るい4つのガリレオ衛星の他は、皆半径数十kmほどで、とても望遠鏡を覗いて見えるものではありません。
ただ、1つ、アマルテアという衛星だけは、半径が100kmを超えています。
しかしまさか、アマルテアが、半径数千kmにもなるガリレオ衛星と同じくらい明るく見えるはずがありません。

おそらくみずがめ座の恒星だろうということで、井上学芸員にお聞きすると、やはりそうでした。

帰宅後、ステラナビゲータで確認すると、問題の恒星は、約6等。こりゃ、衛星と間違えるわ!
ちなみにアマルテアは約14等でした。
 やれやれ。
posted by KAZ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観望会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。